30%ルールは、海外からオランダに移住する高度なスキルを持つ外国人労働者に適用されます。オランダで働き始めてから最長 5 年間、給与総額の 30%が非課税となります。この税制上の優遇措置により、外国人労働者はオランダ国外で発生した費用の一部の払い戻しの申請ができます。従業員および雇用主は、適用を受けるための方法および適用要件を理解することが重要です。

30%ルールの適用要件

  • オランダ国外で採用されたこと
  • オランダでの最初の勤務日以前の過去 24 ヶ月間にオランダ国境から 150km 以上離れた場所に 16 ヶ月以上居住していたこと
  • オランダに登録された企業の従業員であること
  • オランダの労働市場に存在しない、またはほとんど存在しない特定の専門知識を有すること(下記の給与基準を参照)
  • 申請書の原本に従業員と雇用主が青いインクで署名していること(オランダでは正式な書類に青のペンで署名することが主流であり場合によっては必須)

給与基準

(1) 外国人労働者である(知的労働者/highly skilled migrantを含む)

非課税枠を除いた給与が2023年に41,954ユーロ以上であること。

* 上記の30%ルールの適用要件を満たす限り、EU市民であって知的労働者であってもよい。

(2) 30歳未満で、オランダの修士号を取得し、給与基準を満たしている

他国で同等の肩書きを持つ場合も対象となる。非課税枠を除いた給与が、2023年に31,891ユーロを超えるていること。

(3) 科学的研究を行っている

オランダの研究機関で科学的研究を行っている場合も30%ルールの対象となる。この場合、給与水準の要件はない。

30%ルール申請に必要な書類

  • 有効な身分証明書(パスポートまたはID)
  • BSN番号
  • 住所
  • 年齢、学歴、職歴を記載した英語の履歴書
  • 雇用契約書または任命書
  • 労働許可証(該当する場合)
  • オランダで雇用される前の過去24ヶ月の間にオランダ国境から150km以上離れた場所に16ヶ月以上居住していたことを証明する公共料金や電話料金の請求書、銀行残高証明書、賃貸契約書など

雇用主から30%ルール申請に必要な書類

  • 会社の詳細と納税番号
  • 従業員と雇用主双方が30%ルールを十分に理解していることを示す書面による合意書
  • 従業員のスキルが希少であり、オランダ市場で同様の専門知識を持つ他の従業員を見つけることができなかったということを述べた書面

よくある質問

Q: 30%ルールはいつ申請すればよいですか?

A: 入社後4ヶ月以内に申請してください。

Q: 転職をし、新しい職場で働いても30%ルールは維持できますか?

A: 状況によっては、30%ルールの恩恵を受けながら雇用主を変更することが可能です。転職後3ヶ月以内であれば、新しい雇用主の下で30%ルールの再申請が可能です。

Q: 30%ルールはいつ終了しますか?

A: 30%ルールの終了日は、税務署から発行される決定通知書に記載されています。

Q: 30%ルールの最長期間は?

A: 決定書の発行日により期間が決定され、2019年1月1日以降に決定された場合は最長5年間です。

30%ルールの適用を受ける

オクタゴン・プロフェッショナルズは、海外(EU/EEAの内外を問わず)従業員を雇用した経験が豊富で、雇用主と従業員の両方に代わって30%ルールの申請手続きを行っています。貴社の駐在員または外国人労働者の30%ルール適用については、まずはオクタゴンジャパンデスクまで、日本語でご相談ください

Absenteeism interview

従業員が病気休暇を取得した際の欠勤面接の行い方 

オランダの労働法上、病気休職中の従業員と効果的にコミュニケーションを取ることは、円滑かつ法的に遵守されたプロセスを確保するために非常に重要です。共感を示し、オープンなコミュニケーションラインを維持し、規則を遵守することが重要です。こちらに関してよくある質問にお答えし、私たちの経験から得たヒントをお届けしたいと思います。

Retention

リテンション 人材の流出を防止するには

予防は治療に勝り、温存は雇用に勝る。企業にとっては、新しい従業員を探すよりも、すでに組織を知り、満足し、キャリアのチャンスがあることを知っている従業員を維持する方がはるかに魅力的です。必要なスキルを適切なレベルに引き上げるためオンボーディングやトレーニングの時間やコストは言うまでもありません。リテンションとは人材流出を防止する施策のことで、近年注目されている企業内人事の施策の一つです。

Remote work

オランダで雇用する社員に国外リモートワークを許可するときの注意点は?

オランダの企業に勤める社員がオランダ国外からリモートで仕事をすることは可能なのでしょうか。答えはイエスです。しかし、世界のどこからでも、またあまり長い間働けるわけではありません。今回のブログ記事では、オランダの雇用主としてのリモートワークのセットアップに関するプロセスについて、またその際に人事担当者が留意すべきことをご説明します。  

The Netherlands as an attractive destination for expats

オランダが外国人労働者にとって魅力的な目的地である理由 

オランダへの移住を決断する理由を探しているなら、この記事はまさにそれらの紹介です。勉強するにしても、起業するにしても、新しい仕事の方向性を模索するにしても、風車とチューリップの国は素晴らしい候補先です。オクタゴンがその理由をご説明します。

Dog friendly office

ドックフレンドリーな職場の重要性 

日本でも度々ペット可の職場を見かけることがありますが、オランダの職場ではペットは単なる飼い主の出社への付き添いではなく、重要な従業員と広く認識されています。この記事ではオクタゴンの取り組みとドックフレンドリーな職場の重要性について解説します。

Visa and work permit in the Netherlands

オランダで働くために必要な許可は?

オランダに移住して働くことを考えていますか? 多文化社会、英語力の高さとその高い使用率、様々な価値観や宗教、また異なる人生観の受け入れに対しての寛容性など、外国人労働者が仕事を見つけるためにオランダに来る理由はたくさんあります。 また、好調な経済と国際的なビジネス環境は、事業拡大したい外国企業にも人気の理由です。ただし、これれらを実現するために、ひとつだけ障害があります。それは、EU圏外の労働者としてオランダで働くには、就労を許可する滞在許可証が必要です。 この記事では、非EU加盟国の、日本人を含む外国人労働者がオランダで就労できる主な滞在許可証の概要をご紹介します。

30% ruling facility in the Netherlands

30%ルールとは?個人所得税免税制度・2023年最新ガイド

30%ルールは、海外からオランダに移住する高度なスキルを持つ外国人労働者に適用されます。オランダで働き始めてから最長 5 年間、給与総額の 30%が非課税となります。この税制上の優遇措置により、外国人労働者はオランダ国外で発生した費用の一部の払い戻しの申請ができます。従業員および雇用主は、適用を受けるための方法および適用要件を理解することが重要です。

専任の人事担当がいない在蘭日本企業様必見・オランダ人事 基本チェックリスト

2023年4半期が終わった一年のうちのこの時期は、人事プロセスや人事関連文書を見直し、最新のコンプライアンス規定に沿った、効率的な人事体制を実現する絶好の機会です。今回のブログでは、オランダの人事関連業務について、今一度確認をお勧めするアイテムをチェックリストとして纏めました。