オランダへの移住を決断する理由を探しているなら、この記事はまさにそれらの紹介です。勉強するにしても、起業するにしても、新しい仕事の方向性を模索するにしても、風車とチューリップの国は素晴らしい候補先です。オクタゴンがその理由をご説明します。

1. 英語での勉強と仕事  

欧州委員会によると、ヨーロッパで最も広く話されている外国語は英語ですEFランゲージ・インスティテュートが2022年に実施した調査によると、オランダは英語を母国語としない国の中で最も英語力が高い国にランクインしています(111カ国中1位)。 

オランダでは、幼児期からすべて英語で教育を受けることが可能です。また、ほとんどの大学で英語による教育が行われています。外資系企業にとって、言語の壁無しに、エキスパート人材にアクセスできることは重要な資産です。新入社員研修やトレーニングプロセスの効率化、効果的なチーム連携、国際事業展開の迅速化などの要素は、オランダ移住を計画する際に考慮すべき重要な側面です。高い英語のスキルと使用率により、多くの英語での仕事が作り出され、英語を話す外国人労働者はオランダに住んだり、仕事をしたりといった選択ができます。 

オクタゴンは、これがどのように機能するかを示す代表的な例です。オクタゴンは、外国人労働者によって設立され、外国人労働者によって運営されている外国人労働者のための会社です。私たちは世界中から集まったプロフェッショナルで構成されたチームです。また、10カ国以上の国籍からなるメンバーそれぞれが、独自の文化習慣や価値観を理解することができます。英語は、実質的にここで働くほとんど全ての人にとって第二言語であり、私たちはその多様性に強みを見出しています。 

2. 多様な滞在許可 

オランダは滞在許可証の種類が豊富な国です。オランダ政府は、学生、労働者、フリーランサー、研究者、投資家、芸術家などに滞在許可を提供しています。詳しくは、オランダのビザ・滞在許可証についてのブログをご覧ください。またオクタゴンは最適な滞在許可証についてアドバイスをすることができます。 

3. 仕事と私生活のバランス  

無理難題な締め切りと共にプレッシャーの中で働くことに慣れていて、プライベートの時間を最低限しか(あるいは全く)確保できない文化圏の出身であれば、仕事とプライベートのバランス見つけるのは難しいかもしれません。もちろん、他にも多くの社会文化的・経済的要因がこの仕事と私生活のバランスに影響しています。 

セルビアのクラウドソーシング・オンライン・データベース「Numbeo」によると、2023年、オランダは生活の質において世界第1位にランクインしています。オランダでは、有給の残業をする従業員はわずか0.3%です。一方で、フルタイムの労働者は1日の64%を身の回りの世話や楽しみに充てています。この2つの数字は、世界中の生活の質を向上させるための政策の立案と推進を担当する組織、OECD(経済協力開発機構)が求めた世界平均と比較しても、際立っています。  

オランダ人流の仕事と私生活のバランスを見つける方法は、労働時間中は非常に生産的でありながら、仕事と私生活の境界線は非常に明確である点です。加えて、オランダ人は自由な時間にやりたいことを事前に計画し、自分の予定を詳細に計画します。このような生活に憧れ、多くの人がヨーロッパ、特にオランダで働き、生活することを選ぶのです。 

4. 優れたインフラと公共交通機関  

オランダはその質の高い道路インフラがよく知られています。オランダでは、道路、高速道路、鉄道は非常に良く整備されています。それだけでなく、自転車や歩行者のためインフラや標識も最高品質であり、オランダのどこにいようとそれらは厳格に標準化されています。これらのインフラは常に監視され、高いレベルを維持されている。オランダは構造物の安全性と耐用年数の評価を専門としています。また、これらのインフラの状態を予測する手法の開発にも積極的に取り組んでいます。現在、CO2排出量の削減、原材料の再利用、現在の鉄道が引き起こす騒音や振動による公害の軽減など、より持続可能な選択肢への移行に取り組んでいます。

また、アイントフォーヘンにあるゴッホの『星月夜・De sterrennacht』から着想を得たイルミネーションに彩られたサイクリングロードを見たことがありますか。まさにエンジニの驚異であり、オランダがイノベーションの最前線にいる理由を示しています。 

5. 成長機会のあるポジティブな職場環境    

オランダの労働文化は、多くの人から混乱的思われているかも知れませんが、オランダ人のコミュニケーション方法はかなりインフォーマルです。ほとんどの場合、上下関係はなく、平等な関係で仕事をします。対話に対してオープンであり、プロセスはより協力的です。 

オランダの労働文化には多くの利点があります。例えば、オランダで働くほとんどの企業は従業員に教育予算を提供しています。従業員は新しい言語を学んだり、オンラインコースを受講したり、仕事に関連するに出席するかなどを決めることができます。これは従業員の能力を育成し、企業内で成長するのに役立ちます。 

著者はオランダの労働文化について友人や同僚と話す機会があり、ある重要な点に気づきました。オランダの企業は役割の変化に非常に寛容で、才能を多様化し、退屈を避け、従業員のエンゲージメントを高めることを意図しています。さらに、同じポジションで何年も過ごさなくても、出世したり給与を上げたりすることが可能です。オランダ人は、従業員の功績や業績に応じて報酬を与えることに尽力しています。 

これらは、新しい挑戦を求める人々にとってなぜオランダが有名な目的地である多くの理由のほんの一部に過ぎません。オクタゴンでは、オランダでの駐在員生活を自信を持ってナビゲートするお手伝いをいたします。オクタゴンのブログでは、転勤や駐在員のサポートなど、お役立ち情報を提供しています。

2024年版 オリエンテーションイヤー:オランダの外国人卒業生のための基本ガイド

オリエンテーションイヤー許可証(zoekjaar)は、EU 域外の新卒者が就職活動のために最長 12 ヶ月間オランダに労働・滞在できる許可証です。卒業後、オランダでの就労や旅行のために滞在期間を延長することをお考えであれば、オリエンテーションイヤー許可証取得の選択肢があります。

AI in recruitment

AI時代の採用活動

AIツールは採用活動をより迅速かつ効率的にし、これまで多くの時間と労力を要していた作業を人に代わって行うことができます。しかし、採用におけるAIの活用には課題も伴います。この記事では、採用におけるAI活用の長所と短所を紹介します。

オランダの雇用主なら知っておきたいワークス・カウンシルとは?

ワークス・カウンシル(労働者評議会)がどのようなものかご存じですか。ワークス・カウンシルはおそらく企業の中で従業員の利益を代表する最も重要な組織といってよいでしょう。オランダでビジネスを展開するのであれば、自社内のワークス・カウンシルと良好な関係を促進することは重要です。

オランダで有給休暇取得が奨励される本当の理由

日本企業で働いた経験がある人であれば、だれでも有給休暇取得の難しさを感じたことがあるのではないでしょうか。そうした日本企業におけるの有給休暇の取得状況とは大きくことなり、一般的にオランダ企業の人事チームや管理職は、社員の有給休暇取得に非常に積極的です。今回のブログでは、オランダの企業が社員に対して積極的に有給休暇の取得奨励をする本当の理由をお話いたします。

30% ruling for 2024

2024年版 最新30%ルールについて 

30%ルールはオランダに居住し、働く人に対する税制上の優遇措置で、雇用主は雇用者の給与総額の30%まで非課税として支払うことができます。2024年、オランダ政府は30%ルールにいくつかの重要な変更を加えました。今回の記事では、今までの30%ルールとは何が異なるのかを説明します。

The Dutch indefinite residence vs. long-term EU residence permits

オランダ永住権とEU永住権の条件と取得方法

オランダに移住されている方の中にはオランダの永住権取得を目標とされていることもあります。日本国籍の方がオランダに長期滞在する場合、オランダとEUの永住権の選択肢があります。今回の記事では申請条件と取得方法について説明します。

How to negotiate your salary in the Netherlands

オランダで効果的に給与交渉する方法

オランダの労働市場を理解し、給与を交渉することは難しそうに思えますが、日本よりも一般的に給与交渉は行われているのが事実です。自分の今までの貢献度をアピールするだけではなく、自分の業界のポジションの給与ベンチマークを調べたり、給与だけでなく二次的な福利厚生も考慮することが重要です。

Sick leave policies for companies in the Netherlands

オランダの病欠休暇に関するポリシーについて 

オランダで雇用している従業員が病気になった場合に備えて病欠休暇に関するポリシーを設定する必要があります。今回の記事では病欠休暇の際の賃金の支払いや産業医(カンパニードクター)の役割等について詳しく解説しています。