2024年になり良い足取りで迎えるために、今回の記事では2023年のリクルートメント業界のハイライトをまとめ、2024年の予測についてお伝えしたいと思います。

2023年の数字は?

まず、昨年2023年末のオランダの労働市場のまとめです。Eurostat が提供したデータによると、2023年第2四半期のオランダの求人率は4.7%で、EU加盟国の中で最も高い求人率の一つでした。

また、オランダの従業員保険機関であるUWV による統計によると、2023年第2四半期において、四半期末時点で募集が開始されたと推定される空席の総数は441,150に達し、人材に対する需要が着実に増加していることを示しました。また、同四半期中に37万6,450件の新規求人が発生し、オランダの労働力がダイナミックで進化していることを裏付けています。

2023年10月、オンライン求人数は20万7499件となり、オンライン求人市場の強さを示しました。これは、求人情報のかなりの部分がオンラインプラットフォームを通じてアクセス可能であることから、求職プロセスの現代的でデジタルな側面を強調しています。

これらの統計を総合すると、オランダは欧州連合(EU)の中でも安定した主要な雇用市場であり、幅広い求人数と新たな雇用機会を創出する一貫した傾向を持っていることが分かります。この国の求職者が多様な選択肢にアクセスできることは幸運であり、オランダ経済の継続的な成長に貢献する有能な候補者を積極的に求めている雇用主にとっても同様であることは、今に始まったことではありません。

オンライン需要については?

人材紹介会社として、私たちは、現在のシナリオで私たちの仕事を行う最高の相棒は、世界最大のプロフェッショナル・ネットワークであるLinkedInであることを強く意識しています。だからこそ私たちは、最新のLinkedInの報告書によってこの概要を説明します。LinkedInのデータインサイトによると、今プラットフォームで最も需要のある仕事は、営業とビジネス開発、看護、ソフトウェア・エンジニアリング、小売に集中しています。このデータは有料投稿に基づいています。驚く必要もなく、最も需要が伸びている職種の1つは人工知能エンジニアである。すべての職種とそのランキングを確認するには、LinkedIn がこれらの洞察を詳しくまとめた記事をご覧ください。

2024年に何がやってくるのか?
雇用におけるAIと自動化

南カリフォルニア大学 によると、55%の企業がAIを利用した自動化された採用対策への投資を増やしているとのことです。採用プロセスにAIと自動化を導入する流れがかつてないほど強くなった1年を経て、出回った結論のひとつは、このシステムは業界でしばしば経験されるバイアスを免れないということです。AIは人間のパターンに従い、時には候補者を中立的に選ぶことができません。欧州連合(EU)はすでに、世界初の包括的なAI法であるAI法 の公表に着手し、暫定合意に達しています。

スキルアップとリスキル

この傾向は2023年を通じて急速に高まっています。世界が絶えず進化し、多くのプロセスが光の速さで陳腐化する中、新しいスキルを学び続ける、あるいは習得し続ける必要性がかつてないほど高まっています。今日の企業は、既存の能力を向上させるだけでなく、専門家としての継続的な成長を促進するために、従業員に幅広い機会を提供することにますます重点を置くようになっています。このアプローチは、現在の職務における専門性を高めるだけでなく、新たなスキルを習得するための多様性を提供し、社内のさまざまな部署へのスムーズな異動を可能にすることができます。

さらに、従業員の継続的な能力開発を積極的に支援することで、企業は当面のスキル格差に対処するだけでなく、長期的な従業員ブランディングと定着戦略を強化することができます。組織が自分の専門的な成長に投資していると認識している従業員は、自分の職務に従事し、評価され、献身していると感じる可能性が高いといえます。これはまた、ポジティブな組織文化に貢献し、強力なリテンションツールとして機能します。

候補者体験と雇用者ブランディング

2023年を通じて、企業が従業員エンゲージメントの維持に注意を払う傾向はより顕著になっています。企業は、適切なオンボーディング・プロセスとポジティブな職場環境を通じて、候補者の経験が最初からいかに重要であるかを認識しつつあるといえるでしょう。

応募プロセスの早い段階で、候補者がポジティブな経験を得られるようにすることから始めましょう。これには、候補者が会社や福利厚生に関する関連情報にアクセスできるようにすることが含まれます。次に、ソーシャルメディアで組織の文化や価値観を紹介しましょう。次に、求職者が募集職種が自分の求めているものと合致しているかどうかを判断できるよう、完全で有益な職務経歴書を提供します。そうであれば、自分の知識やスキルがそのポジションに適しているかどうかをさらに評価することができます。同時に、採用プロセスの透明性のあるスケジュールを確立する必要があります。候補者の期待を管理し、彼らの時間を尊重し、彼らが他のプロセスに参加する可能性を認識することが重要です。

さらに、従業員ブランディングのトレンドに対応するため、企業は優秀な人材を惹きつけるための計画に積極的に取り組んでいます。こうした計画には、会社の強みや機会を強調することも含まれます。また、プロフェッショナルとしての成長を支援し、ワークライフバランスをサポートし、前向きな職場を作るためのプログラムを作成することで、従業員を維持することも重視されています。

このような状況の変化の中で、人々は従業員をブランドにとってさらに重要なインフルエンサーとみなすようになっていえるでしょう。だからこそ、企業が提供するものについて、明確で一貫性のあるメッセージを伝えることが重要なのです。しっかりとしたコミュニケーション・プランも重要であり、企業の目標と従業員の願望との整合性を確保する必要があります。

給与の透明性

EU域内で雇用を計画している場合、求人広告に給与表示を掲載する必要があります。昨年4月24日、欧州理事会は給与の透明性に関するEU指令 の最終文書を採択しました。この指令では、企業はできるだけ早く、より透明性の高い採用手続きに切り替えるように求めています。この新しい規則は、手続きの透明性を高め、候補者を保護し、公正な応募手続きを確保することを目的としています。この指令の目的は、EUにおける賃金差別と闘い、男女間の賃金格差を是正することであります。EU企業は現在、賃金情報を共有し、男女賃金格差が5%を超えた場合は是正措置を取らなければなりません。

給与の透明性の導入は、業界と市場における企業の競争力を大きく変えるものです。この変化は、求職者が求職活動の開始直後から、重要な給与情報を容易に比較し、アクセスできるようになったことを意味します。この変化は、求職者の意思決定プロセスを簡素化するだけでなく、業界における公平性と開放性に大きな重点を置くものであります。全体として、この新しい法律は求職者の経験を著しく向上させるものと思われます。

オクタゴンのサポート

オクタゴン・プロフェッショナルズは採用活動において将来を見据えたアプローチを優先しています。採用する人材はビジネス上の課題を解決するためのものであることを理解し、総合的なアプローチを適用します。 オクタゴンは、皆様がオランダで事業体制を構築し、従業員やすべての管理業務を行うための専門知識を持っています。私たちは、皆様のオランダでの事業を支援するため、また、私たちのリクルートチームから、今後数年間一緒に働き、成長するチームに最適な候補者を紹介するために全力でサポートさせていただきます。

2024年版 オリエンテーションイヤー:オランダの外国人卒業生のための基本ガイド

オリエンテーションイヤー許可証(zoekjaar)は、EU 域外の新卒者が就職活動のために最長 12 ヶ月間オランダに労働・滞在できる許可証です。卒業後、オランダでの就労や旅行のために滞在期間を延長することをお考えであれば、オリエンテーションイヤー許可証取得の選択肢があります。

AI in recruitment

AI時代の採用活動

AIツールは採用活動をより迅速かつ効率的にし、これまで多くの時間と労力を要していた作業を人に代わって行うことができます。しかし、採用におけるAIの活用には課題も伴います。この記事では、採用におけるAI活用の長所と短所を紹介します。

オランダの雇用主なら知っておきたいワークス・カウンシルとは?

ワークス・カウンシル(労働者評議会)がどのようなものかご存じですか。ワークス・カウンシルはおそらく企業の中で従業員の利益を代表する最も重要な組織といってよいでしょう。オランダでビジネスを展開するのであれば、自社内のワークス・カウンシルと良好な関係を促進することは重要です。

オランダで有給休暇取得が奨励される本当の理由

日本企業で働いた経験がある人であれば、だれでも有給休暇取得の難しさを感じたことがあるのではないでしょうか。そうした日本企業におけるの有給休暇の取得状況とは大きくことなり、一般的にオランダ企業の人事チームや管理職は、社員の有給休暇取得に非常に積極的です。今回のブログでは、オランダの企業が社員に対して積極的に有給休暇の取得奨励をする本当の理由をお話いたします。

30% ruling for 2024

2024年版 最新30%ルールについて 

30%ルールはオランダに居住し、働く人に対する税制上の優遇措置で、雇用主は雇用者の給与総額の30%まで非課税として支払うことができます。2024年、オランダ政府は30%ルールにいくつかの重要な変更を加えました。今回の記事では、今までの30%ルールとは何が異なるのかを説明します。

The Dutch indefinite residence vs. long-term EU residence permits

オランダ永住権とEU永住権の条件と取得方法

オランダに移住されている方の中にはオランダの永住権取得を目標とされていることもあります。日本国籍の方がオランダに長期滞在する場合、オランダとEUの永住権の選択肢があります。今回の記事では申請条件と取得方法について説明します。

How to negotiate your salary in the Netherlands

オランダで効果的に給与交渉する方法

オランダの労働市場を理解し、給与を交渉することは難しそうに思えますが、日本よりも一般的に給与交渉は行われているのが事実です。自分の今までの貢献度をアピールするだけではなく、自分の業界のポジションの給与ベンチマークを調べたり、給与だけでなく二次的な福利厚生も考慮することが重要です。

Sick leave policies for companies in the Netherlands

オランダの病欠休暇に関するポリシーについて 

オランダで雇用している従業員が病気になった場合に備えて病欠休暇に関するポリシーを設定する必要があります。今回の記事では病欠休暇の際の賃金の支払いや産業医(カンパニードクター)の役割等について詳しく解説しています。