オランダに移住して働くことを考えていますか? 多文化社会、英語力の高さとその高い使用率、様々な価値観や宗教、また異なる人生観の受け入れに対しての寛容性など、外国人労働者が仕事を見つけるためにオランダに来る理由はたくさんあります。 また、好調な経済と国際的なビジネス環境は、事業拡大したい外国企業にも人気の理由です。ただし、これれらを実現するために、ひとつだけ障害があります。それは、EU圏外の労働者としてオランダで働くには、就労を許可する滞在許可証が必要です。 この記事では、非EU加盟国の、日本人を含む外国人労働者がオランダで就労できる主な滞在許可証の概要をご紹介します。

ビザと滞在許可の違いは何?

ビザ(visa)も滞在許可証(residence permit)も外国人が外国に入国・滞在するための法的文書ですが、その目的は異なります。しばしこの二つは混同されて使用されていますが、違いを理解し適切なものを申請することが重要です。

ビザ

ビザはパスポートに記載されている公的な書類で、渡航先の国への入国や滞在を許可するものです。オランダへの渡航に必要なビザは、出身国によって異なります。例えば、短期滞在用のシェンゲンビザを取得すると、オランダを含むシェンゲン協定加盟国に、休暇や出張など180日間のうち最大90日間滞在することができます。オランダに90日以上滞在する場合は、MVVと呼ばれる入国ビザが必要です。その場合、オランダ到着時にMVVで(一時的な)滞在許可証を受け取ることができます。 なお、日本人はオランダに90日以内の滞在であればビザは必要ではありません

オランダ滞在に利用可能なビザのリスト

  • 空港トランジットビザ
  • 短期滞在シェンゲンビザ
  • オレンジカーペットビザ
  • シェンゲンビザ 
  • 長期滞在ビザ (MVV)
  • 入国ビザ
  • カリブ海ビザ

 *これらのビザではオランダでの雇用は(必ずしも)許可されません。

滞在許可証

滞在許可証は、一定期間または無期限にその国に居住することを許可する公的文書またはカードです。オランダに90日以上滞在する場合は、EU・EEA加盟国、スイスの出身者でない限り、滞在許可証が必要です。居住許可には必ずしも労働許可が含まれているわけではないことに注意が必要です。

滞在許可証と労働許可証

滞在許可証と労働許可証にはさまざまな種類があります。ここでは、(1)家族とパートナー、(2)就労、(3)学業のための就労許可証を伴う主な滞在許可証を取り上げます。詳細と要件については、オランダ移民局(IND) をご覧ください。

滞在許可の種類

家族とパートナー (Family and partner)

  • パートナー (Partner)

就労 (Work)

  • 企業内転勤者 (Intra-corporate transferee)
  • 知的労働者 (Highly skilled migrant)
  • EUブルーカード (European blue card)
  • 研究者 (Researcher) 
  • 自営業 (Self-employed)
  • 起業 (Start-up)

学業 (Study)

  • オリエンテーション・イヤー (Orientation year)

パートナー 

例えば、日本人が(オランダ人、非オランダ人、非EU)のパートナーのためにオランダに来る場合、オランダでの就労が許可されているかどうかは、滞在許可証 に記載されています。パートナーが以下のいずれかに該当する場合、滞在許可証で就労することができます。

  • オランダ国籍 (Dutch national)
  • 知的労働者 (Highly skilled migrant)
  • EUブルーカード保持者 (European Blue Card holder)
  • 自営業者 (Self-employed person)
  • 居住と就労の単一許可証(GVVA)保持者で、雇用主がTWV保持者 

企業内転勤者

企業内転勤者(intra-corporate transferee)の滞在許可証 は、EU、EEA、スイス以外からの管理職、専門家、研修生のための滞在・就労許可証です。この資格を取得するためには、EU 域外の企業で働き、オランダの支店に転勤するか、企業内転勤者滞在許可を持ちながらEU 域内の企業で働き、オランダの支店に転勤する必要があります。

知的労働者

知的労働者(highly skilled migrant)の滞在許可証 は、オランダの移民局(IND) が認めたスポンサーの下で働く従業員のための滞在・就労許可証です。認定されたスポンサーは、知的労働者に代わって滞在許可を申請しなければなりません。

EUブルーカード

EUブルーカード(EU Blue Card) は、EU、EEA、スイス以外からの高学歴従業員のためのEU労働・居住許可証です。これは知的労働者滞在許可(highly skilled migrant)とは次の点で異なります。EUブルーカードは 3年以上のプログラムの高等教育課程(学士号または修士号)の卒業証書を必要とするのに対し、知的労働者許可には高等教育課程の卒業証明書は必要ではありません。

研究者

研究者滞在許可証 (researcher)は、EU、EEA、スイス以外の国籍を持つ研究者のための滞在・就労許可証です。

自営業

自営業者滞在許可証 (self-employed)は、自営業者(フリーランサー)のための滞在・就労許可証です。オランダ商工会議所(KVK)の貿易登録簿に登録する必要があります。

起業

スタートアップ滞在許可証 (start-up)は、オランダで革新的な事業を始めようとする EU、EEA、スイス以外の国籍を持つスタートアップ企業のための滞在・就労許可証です。メンター、または契約書に署名した「ファシリテーター」と共に働く必要があり、両者ともオランダ商工会議所(KVK)の貿易登録簿に登録されていなければなりません。この許可は、イノベーティブな分野で起業が要求されるという点で、自営業の滞在許可とは異なります。

オリエンテーション・イヤー 

オリエンテーション・イヤー滞在許可証 (orientation year)は、EU、EEA、スイス以外の国籍を持つ卒業生が、卒業後にオランダでの就職を希望する場合の滞在・就労許可証です。

アドバイス

オランダで登録されているすべての企業が EU 域外の従業員を雇用できるわけではありません。適切な許可証を申請するためには、雇用主がオランダ移民局(IND)に登録されたスポンサーでなければなりません。オクタゴンは認定されたスポンサーとして、非EU加盟国の従業員にビザおよび労働許可証を提供し、移民に関してサポートすることができます。また企業がスポンサーとして登録手続きを完了するまで、日本人を含む非EU加盟国の従業員の雇用代行を一時的にすることができます。雇用代行やビザ・労働許可の申請についてお気軽にお問い合わせください

30% ruling for 2024

2024年版 最新30%ルールについて 

30%ルールはオランダに居住し、働く人に対する税制上の優遇措置で、雇用主は雇用者の給与総額の30%まで非課税として支払うことができます。2024年、オランダ政府は30%ルールにいくつかの重要な変更を加えました。今回の記事では、今までの30%ルールとは何が異なるのかを説明します。

The Dutch indefinite residence vs. long-term EU residence permits

オランダ永住権とEU永住権の条件と取得方法

オランダに移住されている方の中にはオランダの永住権取得を目標とされていることもあります。日本国籍の方がオランダに長期滞在する場合、オランダとEUの永住権の選択肢があります。今回の記事では申請条件と取得方法について説明します。

How to negotiate your salary in the Netherlands

オランダで効果的に給与交渉する方法

オランダの労働市場を理解し、給与を交渉することは難しそうに思えますが、日本よりも一般的に給与交渉は行われているのが事実です。自分の今までの貢献度をアピールするだけではなく、自分の業界のポジションの給与ベンチマークを調べたり、給与だけでなく二次的な福利厚生も考慮することが重要です。

Sick leave policies for companies in the Netherlands

オランダの病欠休暇に関するポリシーについて 

オランダで雇用している従業員が病気になった場合に備えて病欠休暇に関するポリシーを設定する必要があります。今回の記事では病欠休暇の際の賃金の支払いや産業医(カンパニードクター)の役割等について詳しく解説しています。

Whistleblower protection policy

オランダにおける内部告発・通報システムについて

50人以上の従業員を雇用していますか?もしそうであれば、内部通報手順の一環として、公益通報ポリシーを導入する必要があります。内部告発者は、職場内の不正行為を暴露し報告することにより、組織において極めて重要な役割を果たします。これは、企業の透明性、説明責任、倫理的行動の促進に役立ちます。EUの内部告発指令と公益通報者保護法は、不正行為に関する情報を申し出る人々を保護しています。

Recruitment in 2023 and what to expect in 2024

最新リクルートメント業界まとめと予測

今回の記事では2023年のオランダにおけるリクルートメント業界のまとめと2024年のトレンド予測をご紹介します。2024年には雇用におけるAIの利用とプロセスの自動化がさらに加速し、雇用主と従業員は新しいスキルと学び続ける必要性が高まっています。また採用前の候補者がポジティブな体験ができるように取り組む必要性や、流動的な雇用市場における企業自身のブランド力、そして給与の透明性の導入についてまとめています。

Dutch employment law and regulation changes in 2024

2024年オランダ労働法・規制における5つの重要な変更点  

2024年のオランダ労働法や規制の変更についてご紹介します。非課税通勤手当や非課税在宅手当から30%ルールにおける給与所得の税金についてや、オランダにおける最低賃金と知的労働者(highly skilled migrant)の給与条件について詳しく説明します。

Winter attractions in the Netherlands

オランダの冬のアクティビティ5選

オランダには冬に楽しめるアクティビティがたくさんあります。洞窟にあるクリスマスマーケットを訪れたり、ライトアップされた運河をボートで観光したりするのはどうですか。その他にアイススケートリンクでスケートを試したり、きらびやかな冬の遊園地でイルミネーションとアトラクションを楽しむこともできます。