オランダに移住されている方の中にはオランダの永住権取得を目標とされていることもあります。日本国籍の方がオランダに長期滞在する場合、2つの永住権の選択肢があります。

  • オランダ永住権 (regulier onbepaalde tijd)
  • EU永住権(EU langdurig ingezetene)

今回の記事では、オランダ永住権とEU永住権の申請条件と取得方法について説明します。将来オランダに定住を決めている方にも、短期滞在のステータスをアップグレードしようと考えている方にも、長期滞在の選択肢を理解するのに役立ちます。今回の記事にあたり、滞在許可とビザの違いを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

滞在要件

EU永住権(正式にはEU長期滞在許可証)とオランダ永住権(regulier onbepaalde tijd)の主な違いは、許可証保持者の居住要件です。その名称が示すように、EU永住権の保有者は、本国(この場合はオランダ)での居住資格を失うことなく、他のEU加盟国に最長6年間居住することができます。この許可証を保持したままEU域外に滞在する場合、この許可証を維持するために少なくとも年に1回再入国する必要があるだけです。

一方、オランダ永住権は、主たる居住地がオランダでなければならないことを意味します。オランダ国外に3ヶ月以上滞在することはできません。また、オランダの無期限許可証では、追加手配なしに EU 内の他の国で就労または居住することはできません。

永住権の資格

EU永住権またはオランダの永住権のいずれかを申請する資格を得るには、有効な許可証(複数可)を持って、少なくとも連続 5 年間オランダに居住している必要があります。これらの永住許可の違いは、この 5 年間の計算方法にあります。例えば、EU永住権では、学生滞在許可証でオランダに滞在していた場合、オランダに滞在していた期間の 50% しか考慮されません。言い換えれば、4 年間の学位取得のためにオランダに滞在した場合、EU 永住権の「5 年」の要件に算入されるのはそのうちの 2 年だけです。EU永住権を取得すると、他のEU加盟国での居住許可申請が容易になります。その後、その EU 域内の居住許可の条件を満たす必要があります。

オランダの永住権は、オランダに同じ期間居住する必要があり、また市民統合試験に合格するか、免除される必要があります。また、いくつかの個人的な事情によりオランダの永住権申請できる場合があります。これらの要件の詳細については、INDのウェブサイトをご覧ください。


EUブルーカードを所持している場合は、どちらの許可証の申請資格も異なります。

永住権の申請方法

EU 永住権とオランダの永住権は、オランダ移民局(IND) が提供する同じ申請フォームを使用します。ただし、プロセスは若干異なります。オランダ移民局(IND)は、EU永住権を与えるかどうかを決定するのに最長6ヶ月かかる場合があります。オランダ永住権の場合、決定期間はわずか3ヶ月です。申請書の完成度と一貫性によっては、どちらのプロセスも上記の3ヶ月または6ヶ月よりも短縮される可能性があります。許可証の移行をスムーズにするためには、一時的な許可証の有効期限を注視し、それに従って申請書を準備することが重要です。またオランダ移民局(IND)の決定が出るまで雇用ステータスを維持できる可能性があるのかを考慮することも重要です。

2024年版 オリエンテーションイヤー:オランダの外国人卒業生のための基本ガイド

オリエンテーションイヤー許可証(zoekjaar)は、EU 域外の新卒者が就職活動のために最長 12 ヶ月間オランダに労働・滞在できる許可証です。卒業後、オランダでの就労や旅行のために滞在期間を延長することをお考えであれば、オリエンテーションイヤー許可証取得の選択肢があります。

AI in recruitment

AI時代の採用活動

AIツールは採用活動をより迅速かつ効率的にし、これまで多くの時間と労力を要していた作業を人に代わって行うことができます。しかし、採用におけるAIの活用には課題も伴います。この記事では、採用におけるAI活用の長所と短所を紹介します。

オランダの雇用主なら知っておきたいワークス・カウンシルとは?

ワークス・カウンシル(労働者評議会)がどのようなものかご存じですか。ワークス・カウンシルはおそらく企業の中で従業員の利益を代表する最も重要な組織といってよいでしょう。オランダでビジネスを展開するのであれば、自社内のワークス・カウンシルと良好な関係を促進することは重要です。

オランダで有給休暇取得が奨励される本当の理由

日本企業で働いた経験がある人であれば、だれでも有給休暇取得の難しさを感じたことがあるのではないでしょうか。そうした日本企業におけるの有給休暇の取得状況とは大きくことなり、一般的にオランダ企業の人事チームや管理職は、社員の有給休暇取得に非常に積極的です。今回のブログでは、オランダの企業が社員に対して積極的に有給休暇の取得奨励をする本当の理由をお話いたします。

30% ruling for 2024

2024年版 最新30%ルールについて 

30%ルールはオランダに居住し、働く人に対する税制上の優遇措置で、雇用主は雇用者の給与総額の30%まで非課税として支払うことができます。2024年、オランダ政府は30%ルールにいくつかの重要な変更を加えました。今回の記事では、今までの30%ルールとは何が異なるのかを説明します。

The Dutch indefinite residence vs. long-term EU residence permits

オランダ永住権とEU永住権の条件と取得方法

オランダに移住されている方の中にはオランダの永住権取得を目標とされていることもあります。日本国籍の方がオランダに長期滞在する場合、オランダとEUの永住権の選択肢があります。今回の記事では申請条件と取得方法について説明します。

How to negotiate your salary in the Netherlands

オランダで効果的に給与交渉する方法

オランダの労働市場を理解し、給与を交渉することは難しそうに思えますが、日本よりも一般的に給与交渉は行われているのが事実です。自分の今までの貢献度をアピールするだけではなく、自分の業界のポジションの給与ベンチマークを調べたり、給与だけでなく二次的な福利厚生も考慮することが重要です。

Sick leave policies for companies in the Netherlands

オランダの病欠休暇に関するポリシーについて 

オランダで雇用している従業員が病気になった場合に備えて病欠休暇に関するポリシーを設定する必要があります。今回の記事では病欠休暇の際の賃金の支払いや産業医(カンパニードクター)の役割等について詳しく解説しています。