冬の季節はいつも喜びに満ち、お祭りのような”gezellig”な気分に包まれます。しかし、この時期に家族や友人と充実した時間を過ごすためのアクティビティを思いつくのは簡単ではありません。特にオランダに来てまだ日が浅く、季節の変化に慣れていない駐在員にとっては尚更です。そこでオクタゴンでは、冬のオランダで楽しめることをいくつか考えてみました。 

オランダの魅惑的なクリスマスタウン、ヴァルケンブルクを探検しよう  

オランダ南部の魅力的な町ヴァルケンブルクで、クリスマスの幻想的な雰囲気に浸ってみませんか。ヴァルケンブルクは、魅惑的な洞窟の地上と地下で開催されるユニークなクリスマスマーケットで有名です。町全体が冬のワンダーランドに変身し、51日間にわたって観光客を迎えます。 オランダでクリスマスを楽しみたいなら、ここを訪れることをお勧めします。訪れた後にもっとクリスマスを楽しみたい気分になったら、オランダで最も有名なマーストリヒトの素晴らしいクリスマスマーケットを覗いてみるのいいでしょう。 

アムステルダム・ライト・フェスティバル に参加してみよう  

アムステルダム・ライト・フェスティバルの期間中、運河の近くを散歩するチャンスは見逃せません。今年のフェスティバルは、”LOADING… Revealing Art, AI, and Tech “というテーマのもと、20の見事なアート作品を展示し、街の中心部を吹き抜けるような視覚的なスペクトラムが登場します。11月30日(木)から1月21日(日)まで、毎晩17:00からこれらの素晴らしいアート作品が運河を照らします。このまたとない機会に、アート、人工知能、テクノロジーの融合を目の当たりにし、アムステルダムの魅力的な水路の風景を背景に忘れられない体験を作り出れそうです。アムステルダムを訪れた人なら誰でもアートを見ることができる上、有料のボートで運河を移動して間近で見ることもできます。 

国内各地のアイススケートリンクを訪れてみよう 

冬に外せないのがアイススケートリンクです。この時期になると、オランダのほぼすべての都市(そしてほとんどの村)でアイススケートリンクが設置されます。

まずは王道中の王道、アムステルダムのヤープ・イーデン・アイスリンクから。世界で3番目に作られた400メートルのリンクで、歴史上最も古いもののひとつです。今シーズンは、2024年3月24日まで一般公開されている屋外リンクを訪れることができます。  

ハーグに来る際は、今年50周年を迎えるデ・アイトホフも忘れてはなりません。オランダ最大の屋内スポーツセンターで、オリンピックサイズのリンクでアイススケートを楽しむことができます。チケットの購入と事前予約をお忘れなく。 

プロ気分を味わいたい人には、うってつけの場所はティアルフです。熱狂的なスケートファンのコンサートホール、その名前がすべてを物語っています。「冬の王様」と呼ばれ、世界的に有名なアイススケート界のレジェンドたちをもてなしてきた会場です。この荘厳な会場はヘーレンフェーンにあり、公共交通機関で簡単に行くことができます。家族やご友人と一緒に楽しめるレクリエーション・アクティビティも充実しています。この機会を見逃すことなく、今すぐチケットの予約を! 

オランダの “boswandeling “を体験しよう   

これはオランダのチームメンバーからの特薦です。Boswandeling(ボスワンデリング)はリラックスして活力を取り戻す森林浴のことを指します。ウィンタースポーツや自然を楽しむのが好きな人なら、このアクティビティも気に入るかもしれません。オランダ人は、この時期に森や花畑を散歩するのが楽しい(健康的でさえある!)と感じています。 寒い季節ではありますが、アウトドアを適度に楽しむことは、新鮮な空気によって免疫系を強化し、呼吸器感染症を防げることが期待されています。ぜひ自然の静けさに心を癒されてみてください。足元の葉のざわめきでも、枝のそよぐ音でも、その一歩一歩が、寒い季節に大自然を楽しむオランダ人のエッセンスを感じさせてくれます。 

冬の遊園地の不思議な世界に浸ろう 

冬のオランダの遊園地を巡る不思議な旅に出かけてみてはどうですか。オランダを代表する遊園地が、クリスマスの華やかな雰囲気に包まれます。ディズニーで見られる魅惑的な変身のように、オランダの遊園地も特別な変身を遂げ、クリスマス・シーズンのエッセンスを取り入れています。 

冬のエフテリングは必ず行くべきスポットです。この時期、遊園地はきらびやかで温かい雰囲気を作り出し、訪れる人々を楽しませます。音楽ショー、焚き火、冬のお菓子、雪玉、そして野外スケートリンク。遊園地は他の季節とはまったく違った様相を呈し、家族で共有できる素晴らしい機会です。 

もしアトラクション派であるならば、ワリビーをおすすめします。ここでは、ブライトナイト、乗り物、イルミネーションで存分に楽しむことができます。アトラクションを光り輝かせ、幻想的な体験を演出するために、会場全体が何千もの光で覆われます。 

最後に 

オランダには、冬に楽しめるアクティビティが数え切れないほどあります。魅惑的なクリスマスマーケットを探検するもよし、遊園地で家族で楽しむもよし、単に森の中を散歩するもよし、選択肢はいくらでもあります。家族や友人との大切なひとときを、ぜひ思い切ってお出かけください。忘れられない体験と笑いの絶えない冬になりますように。 

2024年版 オリエンテーションイヤー:オランダの外国人卒業生のための基本ガイド

オリエンテーションイヤー許可証(zoekjaar)は、EU 域外の新卒者が就職活動のために最長 12 ヶ月間オランダに労働・滞在できる許可証です。卒業後、オランダでの就労や旅行のために滞在期間を延長することをお考えであれば、オリエンテーションイヤー許可証取得の選択肢があります。

AI in recruitment

AI時代の採用活動

AIツールは採用活動をより迅速かつ効率的にし、これまで多くの時間と労力を要していた作業を人に代わって行うことができます。しかし、採用におけるAIの活用には課題も伴います。この記事では、採用におけるAI活用の長所と短所を紹介します。

オランダの雇用主なら知っておきたいワークス・カウンシルとは?

ワークス・カウンシル(労働者評議会)がどのようなものかご存じですか。ワークス・カウンシルはおそらく企業の中で従業員の利益を代表する最も重要な組織といってよいでしょう。オランダでビジネスを展開するのであれば、自社内のワークス・カウンシルと良好な関係を促進することは重要です。

オランダで有給休暇取得が奨励される本当の理由

日本企業で働いた経験がある人であれば、だれでも有給休暇取得の難しさを感じたことがあるのではないでしょうか。そうした日本企業におけるの有給休暇の取得状況とは大きくことなり、一般的にオランダ企業の人事チームや管理職は、社員の有給休暇取得に非常に積極的です。今回のブログでは、オランダの企業が社員に対して積極的に有給休暇の取得奨励をする本当の理由をお話いたします。

30% ruling for 2024

2024年版 最新30%ルールについて 

30%ルールはオランダに居住し、働く人に対する税制上の優遇措置で、雇用主は雇用者の給与総額の30%まで非課税として支払うことができます。2024年、オランダ政府は30%ルールにいくつかの重要な変更を加えました。今回の記事では、今までの30%ルールとは何が異なるのかを説明します。

The Dutch indefinite residence vs. long-term EU residence permits

オランダ永住権とEU永住権の条件と取得方法

オランダに移住されている方の中にはオランダの永住権取得を目標とされていることもあります。日本国籍の方がオランダに長期滞在する場合、オランダとEUの永住権の選択肢があります。今回の記事では申請条件と取得方法について説明します。

How to negotiate your salary in the Netherlands

オランダで効果的に給与交渉する方法

オランダの労働市場を理解し、給与を交渉することは難しそうに思えますが、日本よりも一般的に給与交渉は行われているのが事実です。自分の今までの貢献度をアピールするだけではなく、自分の業界のポジションの給与ベンチマークを調べたり、給与だけでなく二次的な福利厚生も考慮することが重要です。

Sick leave policies for companies in the Netherlands

オランダの病欠休暇に関するポリシーについて 

オランダで雇用している従業員が病気になった場合に備えて病欠休暇に関するポリシーを設定する必要があります。今回の記事では病欠休暇の際の賃金の支払いや産業医(カンパニードクター)の役割等について詳しく解説しています。