海外進出、また新規参入した市場でビジネスを拡大することには様々なチャレンジが存在します。海外進出の初期段階においては、ビジネスに直結する業務に専念することが成功の鍵ですが、実際には新規市場での会社設立にともなう法律やコンプライアンス遵守のための業務に手間を取られることが多いのが現実ではないでしょうか。そうした海外進出初期段階の課題を解決する戦略的な手段として、海外雇用代行サービス(EOR: Employer of Record)は、近年、オランダへ進出する企業の間でも広く普及しています。

諸外国の企業と比べ、日本企業にはまだまだ馴染みの少ないこの海外雇用代行サービス。今回のブログでは、この海外雇用代行サービスが日本企業のオランダ進出プロセスをどのように支援することができるのかをご紹介します。

煩雑な管理業務や雇用主としての義務をすべてアウトソース

海外雇用代行サービスのもとでは、オランダで会社を設立しビジネスを行う際の雇用主に課せられた法的な義務や責任をアウトソースすることができるという大きなメリットがあります。またそれにより、オランダ進出の初期段階から現地でのビジネスの成功に直結する業務にのみ集中することが可能となります。

また、オランダで会社を設立した場合、企業はオランダの税務局(Belastingdienst)に登録をしなければなりません。現地で社員を雇用する場合も、雇用主として賃金税やその他の社会保険料を月々オランダの税務局に収める法的義務があります。オランダ進出にあたっての会社設立にはかなりの管理業務が伴いますが、海外雇用代行サービスを利用することで、これらの一切の業務を現地の雇用専門家である当社に任せることができます。

また、万が一オランダ市場から撤退の判断をした場合も、雇用代行サービスのもとでは、自社による撤退に関する法的な手続きは一切必要でないため、簡単かつ迅速に現地での事業を停止することが可能です。

ビザスポンサー認証必要なし

オランダでは、日本を含むEU圏外からの人材を現地に呼び寄せ雇用する場合、まず企業としてオランダ移民局(IND)によるIND公認ビザスポンサー認証を受けることが必要です。ビザスポンサーとして認証されるには、自社のオランダでのビジネスの安定性を証明できなければならず、費用と時間のかかるプロセスを経る必要があります。

オクタゴンの海外雇用代行サービスでは、IND公認ビザスポンサーの当社が貴社に代わって、日本やEU圏外から呼び寄せが必要な人材のオランダビザを取得するため、自社にてIND公認ビザスポンサー認証を受けなくともスピーディーでスムーズなビザ取得が可能となります。

常に変化する現地法・規制への適切な対応

オランダで会社を設立してビジネスを行う場合、雇用主として、頻繁に変化する現地の法律や規制を把握しておくことは必要不可欠です。また、人材の現地雇用においては、オランダ労働法の正確な遵守が欠かせません。オランダの労働法には、日本企業にはなじみのない雇用関連規則や雇用主としての義務が存在します。海外雇用代行サービスのもとでは、オランダの現地の労働法に精通した当社が貴社で働くスタッフの雇用主となるため、常にめまぐるしく変化するオランダの人事・労働法へのタイムリーな対応を貴社にて心配する必要がありません。

オランダのベスト雇用代行パートナー

オクタゴン・プロフェッショナルズ海外雇用代行サービスのもとでは、貴社のオランダでのスタッフの給与計算、社会保険、雇用契約管理、年金制度まで、全ての雇用管理業務を当社にお任せ頂けます。リスクを最小限に抑えた、最も効率的で効果的なオランダへのビジネス進出は、当社オクタゴン・プロフェッショナルズまでまずは日本語でご相談ください。

今最も低リスクで、効率的・効果的なオランダ進出方法「EOR」とは?

海外進出の初期段階においては、ビジネスに直結する業務に専念することが成功の鍵ですが、実際には新規市場での法律やコンプライアンス遵守のための業務に手間を取られることが多いのが海外進出の現実ではないでしょうか。そうした海外進出初期段階の課題を解決する戦略的な手段として、海外雇用代行サービス(EOR: Employer of Record)は、近年、オランダそして欧州へ進出する企業の間で広く普及しています。今回のブログでは、この海外雇用代行サービスが日本企業のオランダ進出プロセスをどのように支援することができるのかをご紹介します。

オランダにおける有期雇用 VS 無期雇用

オランダで社員を採用する際、有期契約社員と無期契約社員のどちらで採用するのがベストなのか、という質問を企業担当者から聞くことがよくあります。海外からオランダに進出する多くの新規参入企業は、採用に関わる真のコスト、メリット、デメリットをしっかりと認識していない場合が少なくありません。今回のブログでは、オランダで社員を無期契約で雇用する場合と有期契約で雇用する場合のそれぞれのメリットとデメリットについて説明していきます。

分かりやすい・ オランダの健康保険基本ガイド

オランダへの赴任準備をされていますか?オランダの健康保険制度は、その質と革新性において世界でも高く評価されている一方、世界のその他の国の制度とは異なっているのも事実です。実際に、日本からの多くの駐在員の方々は、オランダの医療制度をあらかじめよく知らないために、赴任してきてから混乱することが多いようです。今回のブログでは、オランダの健康保険制度について分かりやすく説明していきます。

分かりやすい・オランダの厚生年金制度

2020年、マーサーの2020 Global Pension Indexによると、オランダは「最高の総合年金制度」において1位を獲得しました。オランダでは公的年金基金、厚生年金基金、個人年金基金の3つが年金制度として存在します。今回のブログでは厚生年金に焦点を当て、なぜ手配する必要があるのか、どのように設定するのか、また役立つリンクなどをご紹介していきます。

オランダで雇用する社員に国外リモートワークを許可するときの注意点は?

オランダの多国籍なビジネスコミュニティにおいて、日本人やオランダ国外出身の社員を企業が雇用していることは今日珍しいことではありません。そもそも、オランダの企業に勤める社員がオランダ国外からリモートで仕事をすることは可能なのでしょうか。今回のブログ記事では、オランダの雇用主としてのリモートワークのセットアップに関するプロセスについて、またその際に人事担当者が留意すべきことをご説明します。

これだけは知っておきたい・オランダ雇用契約書作成基本ガイド

オランダでスタッフを採用する場合、雇用契約書の作成はどの雇用主もが一番初めに行うことでしょう。雇用契約書は、労働者とあなたの企業との間の雇用関係の詳細を定め様々なリスクから保護するために必要不可欠です。今回はオランの雇用契約の作成において企業として検討すべきことを詳しく見ていきます。

オランダ進出時に避けるべき5つの落とし穴

新たな市場への進出は、貴社のビジネスに新たな成長機会を生み出します。同時に、新市場への参入にはリスクや課題も伴います。 オランダ進出企業が陥りやすい落とし穴の多くは、現地の法律や市場に精通していないことに起因しています。今回のブログでは、これまで30年以上にわたってオランダ進出企業をサポートしてきた当社の経験から、多くの企業がオランダ進出時に陥りやすいいくつかの落とし穴についてお話しいたします。

企業の採用活動におけるパーソナルアプローチの重要性

人工知能(AI)の活用により、オランダの雇用市場における採用の現場は日々変化しています。一方で、求職者の目線からは、選考プロセスで感じる企業の印象やコミュニケーションの質が大変重要であることを忘れてはいけません。求職者の心をつかむための人間味あるパーソナルアプローチはこれからもこれまでも必要不可欠なのです。今回のブログでは、最新のテクノロジーの導入やオートメーションに置き換えることのできない、企業の採用活動の成功要素についてお話していきます。