50人以上の従業員を雇用していますか?もしそうであれば、内部通報手順の一環として、公益通報ポリシーを導入する必要があります。内部告発者は、職場内の不正行為を暴露し報告することにより、組織において極めて重要な役割を果たします。これは、企業の透明性、説明責任、倫理的行動の促進に役立ちます。EUの内部告発指令と公益通報者保護法は、不正行為に関する情報を申し出る人々を保護しています。

最近オランダ政府は公益通報ポリシーにいくつかの変更を加え、オランダの企業に広く適用できるようにしました。そこで本記事では、公益通報者保護法の基本的な内容、重要な理由、企業が知っておくべきことを説明します。公益通報者保護ポリシーの策定についてサポートが必要な場合は、当社の専門家にご相談ください

オランダにおける公益通報者保護ポリシーとは?

2019年、EU内部告発指令として知られる欧州議会指令(EU)2019/1937が、内部告発者の権利と義務を国内法で実施するためにEU加盟国に対して施行されました。同連合の一員として、オランダはEU法に従う義務があり、2023年2月18日に従来の公益通報者庁法(Wet Huis voor klokkenluiders, Wet HvK)に代わって公益通報者保護法(Wet bescherming klokkenluiders, Wbk)を施行しました。

この公益通報者保護法は、50人以上の従業員を抱える企業に対し、内部通報経路の維持、通報者の身元を匿名にしたまま、提出された通報に対する監視と対応を義務付けています。また、報復行為に対する保護も規定されています。以下はその要約です。

対象

  • オランダに所在または登記され、50~249名の従業員を雇用するすべての企業

内部告発の範囲は?

  • 公益に反する不正行為
  • EU法違反
  • 業務上の非倫理的行為

内部告発者保護法で保護されるのは誰?

  • 現従業員および元従業員
  • 取締役
  • フリーランサー
  • 請負業者
  • 株主
  • 取引先
  • 研修生
  • インターン(有給・無給)
  • ボランティア
  • 求職者
  • 開示された情報によって影響を受ける可能性のある同僚や親戚などの第三者

公益通報者保護法で保護されるのは?

  • 停職、契約解除、解雇
  • 降格または昇進の保留
  • 職務の異動、勤務地の変更
  • 業績に関する否定的言及
  • 罰則または懲戒処分
  • 特にソーシャルメディアにおける内部告発者の評判の低下
  • 商品やサービスに関する契約の解除または解約

立証責任は雇用主にあり、雇用主は通報者が被った不利益が通報とは無関係であることを証明しなければならないことに注意。

企業に求められること

  • 社内通報窓口の設置
  • 必要に応じて報告義務のある不正行為の定義
  • ファイルを監視・管理する役員または部署を任命
  • 報告を受けてから7日以内に受領書の提供
  • 提出された報告書に対するフィードバックを3カ月以内に提供
  • 通報制度に関する従業員とのコミュニケーション
  • 通報者の匿名性を保護し、GDPRを遵守

How to report wrongdoing

インテグリティポリシー

人事においてインテグリティとは組織の誠実さを意味します。従業員の価値観、原則、期待される行動を確立し、倫理的な行動の基盤を確立するため、公益通報ポリシーを実施する前にインテグリティポリシーを導入することが重要です。公益通報ポリシーは、従業員が報復を恐れることなく、非倫理的または違法な活動を報告するための正式なメカニズムを提供します。これは、懸念に対処し、会社が説明責任を果たすための具体的なプロセスを提供することで、誠実さに関する方針を補完するものです。

オランダの公益通報者保護法による報告手順

オランダでは内部への通報を必要とせず、外部当局に直接通報することができます。つまり、社内に通報ルートがなかったり、連絡不能なシステムがあったりすると、報告者が社外に報告しに行くことを助長しかねません。社内の透明性と規制遵守を促進するためには、公益通報規定を設けるだけでなく、それを実施し、従業員に伝えることが重要です。さらに、インテグリティポリシーを実施し、必要に応じて見直すことも忘れてはなりません。インテグリティポリシーは、職場における倫理的行動と誠実さに対する期待と基準の概要を示すもので、従業員が自らの行動において倫理的行動の指針となり、信頼と透明性のある職場環境を育むのに役立ちます。

公益通報者保護法がオランダのより多くの企業に拡大された今、あなたの会社も公益通報ポリシーを作成し、実行する必要がある可能性があります。もし公益通報ポリシーの意味について詳しくお知りになりたい場合、またはサポートが必要な場合は、当社の専門家にお問い合わせください

Whistleblower protection policy

オランダにおける内部告発・通報システムについて

50人以上の従業員を雇用していますか?もしそうであれば、内部通報手順の一環として、公益通報ポリシーを導入する必要があります。内部告発者は、職場内の不正行為を暴露し報告することにより、組織において極めて重要な役割を果たします。これは、企業の透明性、説明責任、倫理的行動の促進に役立ちます。EUの内部告発指令と公益通報者保護法は、不正行為に関する情報を申し出る人々を保護しています。

Recruitment in 2023 and what to expect in 2024

最新リクルートメント業界まとめと予測

今回の記事では2023年のオランダにおけるリクルートメント業界のまとめと2024年のトレンド予測をご紹介します。2024年には雇用におけるAIの利用とプロセスの自動化がさらに加速し、雇用主と従業員は新しいスキルと学び続ける必要性が高まっています。また採用前の候補者がポジティブな体験ができるように取り組む必要性や、流動的な雇用市場における企業自身のブランド力、そして給与の透明性の導入についてまとめています。

Dutch employment law and regulation changes in 2024

2024年オランダ労働法・規制における5つの重要な変更点  

2024年のオランダ労働法や規制の変更についてご紹介します。非課税通勤手当や非課税在宅手当から30%ルールにおける給与所得の税金についてや、オランダにおける最低賃金と知的労働者(highly skilled migrant)の給与条件について詳しく説明します。

Winter attractions in the Netherlands

オランダの冬のアクティビティ5選

オランダには冬に楽しめるアクティビティがたくさんあります。洞窟にあるクリスマスマーケットを訪れたり、ライトアップされた運河をボートで観光したりするのはどうですか。その他にアイススケートリンクでスケートを試したり、きらびやかな冬の遊園地でイルミネーションとアトラクションを楽しむこともできます。

Dutch health insurance

2024年版 最新オランダ健康保険まとめ

オランダに仕事で来る予定ですか?オランダに居住または就労する全ての人は、オランダの健康保険に加入することが法律で義務付けられています。スタンダード健康保険パッケージは、GPでの診察、病院での治療、処方箋などの基本的な保障が含まれており、こちらの加入は義務付けられています。その一方で、歯科検診などの追加パッケージはオプションです。

Learning Dutch in the Netherlands

オランダで生活するためのオランダ語学習にまつわる話 

高い英語の普及率をもつオランダでは、ほぼ全ての身の回りのことを英語のみでやり過ごすことができます。オランダ語を習得するということは、単に現地の言語を操るということではなく、オランダ人との人間関係の構築や、日常生活を通じてオランダ社会の一員として周りと繋がることを意味します。

Dutch visa and work permit

オランダのビザや労働許可にまつわる5つの俗説

日本国籍を持つ場合、入国ビザを申請する必要はない?パートナーシップビザを取得するためには結婚またはパートナーシップ登録をしなければならない?オランダで働くためのビザと滞在許可にまつわる5つの俗説について説明します。

Absenteeism interview

欠勤面接または長期病気休暇のチェックインに関するアドバイス

雇用主には従業員に対する注意義務があります。従業員が長期病気休暇を取得した場合、効果的なコミュニケーションとオランダ労働法に遵守して対応することが重要です。目標は、サポートを提供し、敬意と法的なアプローチを維持し、最終的に従業員の準備が整ったときに職場復帰を成功させることです。