オリエンテーション・イヤー(オランダ語でzoekjaar)ビザは、EU 域外の新卒者が就職活動のために最長 12 ヶ月間オランダに滞在することを許可するものです。卒業後、オランダでの就職や旅行のために滞在期間を延長することをお考えであれば、オリエンテーション・イヤー・ビザは最適なビザかもしれません。今回のブログでは、オランダでのオリエンテーション・イヤーとそのビザについて詳しく説明していきます。

オリエンテーション・イヤーとは?

オランダ留学は、あなたの将来のキャリアにとって間違いなく有利に働きます。また、オランダでの大学卒業資格は、今後オランダでキャリアを積みたいと考えている場合に必要な、高度スキル保持者ビザの申請資格も得ることにつながります。オランダ政府は、オランダで教育を受けた外国人卒業生の就職をサポートするため、オリエンテーション・イヤー・ビザの提供に積極的です。EU 域外の学生がオランダで教育課程を修了した場合、卒業してから3 年以内にオリエンテーション・イヤー・ビザを申請することができます。オランダで複数の教育プログラムを修了した場合、オリエンテーション・イヤーは 1 回のみ許可されま す。

このビザのもとでは、発行日から 12 ヶ月間、労働許可証を追加申請することなく、オランダでの完全な労働権利が与えられます。つまり、このビザにより、オランダの労働市場において、制約なく、自由に就職活動を行い働くことが可能となります。オリエンテーション・イヤー・ビザは、高度スキル保持者ビザ申請の際に満たすことが必要な給与要件から減額された給与要件が適用されるため、外国人材を採用したい企業にとってもメリットがあるという点で、就職活動にも有利に働くとされています。

オリエンテーション・イヤーの申請方法は?

現在オランダに留学中で、卒業後すぐにオリエンテーション・イヤーを開始する予定の方は、留学終了日前にオランダの移民局(IND) に連絡することをお勧めします。オリエンテーション・イヤー・ビザを申請する前に学生ビザが終了しないようにしてください。申請手続きは比較的簡単ですが、結果まで最大で3ヶ月かかることがあります。

オリエンテーション・イヤーを申請する場合は、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 有効なパスポートまたはその他の渡航書類を所持していること
  • 前歴証明書(antecedents statement)に署名すること
  • TBテストを受けること(免除可)

オリエンテーション・イヤー・ビザの有効期限までに仕事が見つからない場合は、滞在資格を変更(新しい滞在許可証を申請)するか、オランダを出国しなければなりません。

オリエンテーション・イヤー・ビザの申請方法

現在オランダに居住し、BSN(市民番号)を保持している場合は、移民局のウェブサイトから「高学歴者向けオリエンテーション・イヤー」の申請書をオンラインで提出することができます。海外在住の方がこの申請を行う場合は、仮滞在許可証(MVV)を申請する必要があります。申請用紙はオランダ大使館または領事館で入手が可能です。

オリエンテーション・イヤー・ビザ期間中の雇用契約

仕事探しの際に注意しなければならないのは、雇用主がオランダ移民局の認証ビザスポンサーでなければならないという点です。あなたがオリエンテーション・イヤー・ビザの有効期間の間に仕事を見つけた場合、雇用主は、あなたに代わって高度スキル保持者としてのビザに切り替え申請する必要があります。オリエンテーション・イヤー期間中に高度スキル保持者としてのビザに切り替える場合、通常高度スキル保持者ビザに求められるよりも低い給与要件が適用されます。

オランダで卒業を控えていますか?もしくはオリエンテーション・イヤーの外国人卒業生の採用を検討されていますか?

慣れないオランダでのビザに関するアドバイスはINDの公認スポンサーであるオクタゴン・プロフェッショナルズまでご相談ください。日本語でのお問い合わせもお気軽にどうぞ。

オリエンテーション・イヤー:オランダの外国人卒業生のための基本ガイド

オリエンテーション・イヤー(オランダ語でzoekjaar)ビザは、EU 域外の新卒者が就職活動のために最長 12 ヶ月間オランダに滞在することを許可するものです。卒業後、オランダでの就職や旅行のために滞在期間を延長することをお考えであれば、オリエンテーション・イヤー・ビザは最適なビザかもしれません。今回は、オランダでのオリエンテーション・イヤーとそのビザについて詳しく説明していきます。

本当に大丈夫?オランダで内定を受ける前に必ず確認したい4つのポイント

オランダで就職や転職活動をし、やっと内定をもらった時に気になるのがジョブオファーの具体的な内容。今回のブログでは、オランダで現地の雇用主からジョブオファーを受け取ったときに確認するべきこと、気を付けるべきことについて説明していきます。

オランダで有給休暇取得が奨励される本当の理由

日本企業で働いた経験がある人であれば、だれでも有給休暇取得の難しさを感じたことがあるのではないでしょうか。そうした日本企業におけるの有給休暇の取得状況とは大きくことなり、一般的にオランダ企業の人事チームや管理職は、社員の有給休暇取得に非常に積極的です。今回のブログでは、オランダの企業が社員に対して積極的に有給休暇の取得奨励をする本当の理由をお話いたします。

オランダ転職者必見・採用担当者の目に留まるための7つのポイント

現在、オランダでは、失業者100人に対して133人の求人があります。オランダのほぼすべての産業分野において、企業は必要な人材を見つけるのに苦戦しています。もしあなたが新しい仕事を探しているのであれば、今が絶好の機会です。今回は現在の売り手市場の転職市場を有利に、オランダの採用担当者の目に留まるような履歴書の作成方法についていくつかのヒントをご紹介します。

ケーススタディ:WILL Europe

モバイル化が進む現代において、すべての人がその時代の流れに取り残されることのないように―。日本企業WHILLは、高度な技術とイノベーティブなデザインを備えた次世代型電動車椅子を通じて、長距離を歩くことが困難な人々へよりスマートな移動手段を提供し続けています。WHILLのヨーロッパビジネスの継続的な成長の過程において、オクタゴン・プロフェッショナルズは常に信頼できる人事パートナーとして、WHILLが求める人材を採用するためのサポートをしてきました。

オランダの雇用主なら知っておきたいワークス・カウンシルとは?

オランダでワークス・カウンシルは、従業員自身によって選出された数名の従業員代表で構成されています。これらの従業員代表者たちは、人事部や経営陣と協力し、会社のあらゆる意思決定において、従業員の利益が常に反映されていることを確認する役割があります。オランダでビジネスを展開するのであれば、自社内のワークス・カウンシルと良好な関係を促進することは重要です。今回のブログでは、オランダのワークス・カウンシルについて雇用主として知っておくべきことについて詳しく説明します。

解説:オランダで取得できる7種類の休暇

オランダでは、働く人々ののワーク・ライフ・バランスを実現するため、様々な制度が整っていますが、そのひとつに多様な法定休暇取得制度があります。今回のブログでは、オランダで働く人が取得権利のある7つの法定休暇について解説します。

知っていますか?オランダの賃金内訳:給与・社会保障・給与税

オランダで働く多くの方が、給与課税前の賃金と手取り額が大きく異なることをご存じでしょう。オランダでは、手取り額は給与総額の平均70%に過ぎません。今回のブログでは、オランダの労働者の給与の構成要素を分解し、それぞれのコストがどのようなものなのか、また各コストは雇用者または被雇用者どちらが負担するものなのか、知っているようで知らないオランダの給与の内訳を解説していきます。